2017年4月10日月曜日

お花見会

先週のとある日、京都オフィスのメンバーでお花見会に行ってきました。

場所は、桜の名所「平野神社」です。

生憎の雨模様でしたが、桜はきれいに咲き誇っていました。

雨の中のお花見もよいものですね。

今回、幹事をやってくれたH事務長から、

「持って帰るのは大変なので、お酒とワインとウイスキーの瓶を空にして下さい」

という指令が出ていましたので、しっかりと飲みました。
おかげで酔いも回りましたが、翌朝からはまた、皆、バリバリと働きました。

創英には「よく働きよく遊べ」という社風がありますが、ちゃんと実践できているなぁという感じです。


宴も終盤に差し掛かった頃、お知り合いに偶然遭遇しました。
記念にパシャリ。

この方とは、どうも色々とご縁があるようです^-^

(Y.N.)




2017年4月5日水曜日

新年度に入りました。

4月に入りました。

創英では、月初に毎月朝礼を行っており、今回の朝礼では新たに入所した新人の紹介もありました。

特許事務所は通年で採用活動を行っていますが、やはり4月は入所人数が多いです。
特に、業務推進本部(事務管理部門)に入る人が多いからです。

この中から、将来的に京都オフィスで働く人もいるかも知れません。

※京都オフィスはTV会議システムを利用して全体の朝礼に参加しています。


昨日にはお客様のところに意匠の打ち合わせに行きましたが、社屋の脇にある桜が奇麗に咲いていました。


いよいよ、春という感じですね!
気持ちを新たに頑張りたいと思います。

(Y.N.)

2017年3月27日月曜日

商標的に奥の深いお土産

今週、東京オフィスから1週間限定で情報システム部門のT君が来てくれています。

以前もシステム部門のMさんやF君が来てくれましたが、システム部門の方々に実際に支店に来てもらうことで、ネットワークや各種ツールの使用環境を見てもらい、必要に応じて改善してより効率的な業務に繋げる狙いです。


さて、T君が、商標実務の観点から大変興味深いお菓子をお土産に持って来てくれました。

その名は、「東京海老ふらい」です。

地名の「東京」に普通名称であろう「海老フライ(海老ふらい)」がくっついているので、当然に識別力が無いのだろうと思いましたが、よくよく考えると、商品は調理されたいわゆる「エビフライ」ではなく、揚げせんべいのようなお菓子です。

この商標を出願した場合の登録の可能性は・・・京都オフィスには商標担当の弁理士もいるし、この後のT君歓迎会で議論してみたいと思います。

(Y.N.)

2017年3月23日木曜日

意匠部門

年度末で立て込んでいたこともあり、ブログ更新が久々になってしまいました。

私は、創英の京都オフィス所属ですが、同時に創英の「意匠部門」所属でもあります。京都オフィスの他の人も、それぞれ、「特許部門」所属だったり「商標部門」所属だったり、「業務推進本部」所属だったりしています。

さて、昨日は東京に出張していたのですが、それに合わせて、意匠部門長のFさんが意匠部門慰労会を開いてくれました。

浅草のお寿司屋さんに連れて行って頂いたのですが、面白かったのが、1粒のお米にネタを載せたお寿司です(写真右側)。非常に細かい仕事です。


久々に意匠部門のみんなと落ち着いて交流することができ、美味しいお酒と食事で楽しい時間になりました。
そして、またしっかりやっていこうという気持ちになりながら、京都への帰途に就きました。

(Y.N.)


2017年2月23日木曜日

出張報告

写真は、私の執務机です(なかなか綺麗に整頓できています)



創英では、出張した際にはオンラインで出張報告をするとともに、報告書をプリントアウトして上長に報告することになっています。

昨日、京都オフィスの特許担当弁理士の人が私の所に出張報告書を持ってきました。

先週末までの6~7営業日の間に特許出願打ち合わせのための出張が5回もあったということで、報告書も5枚ありました。

創英は現場主義。お打合せはお客様の所に行くことが圧倒的に多いです。


行先も愛知・愛知・三重・滋賀・大阪、と東へ西へ飛び回り、合計の件数は22件!!とのことで、ここから、お客様のご要望をしっかり踏まえつつ、ご希望の納期までに明細書をしっかり書くことが弁理士の大切な業務です。

とはいえ、22件は非常に多いですね。

★お知らせ★
3月8日の事務所見学会(説明会)は、まだまだ受付中です。
普段の仕事の様子などもお伝えできると思いますので、ご興味があればぜひお越し下さい。
http://www.soei.com/recruit/kengaku/

(Y.N.)

2017年2月15日水曜日

不動産と知財



写真は、大阪・中之島にある「中之島フェスティバルタワー」と呼ばれるビルです。
左側のビルは姉妹ビルで現在建設中ですが、もうすぐ完成しそうな感じです。

低層階の造形は違いますが、デザインが共通していて「ツインタワー」という感じです。
※余談ですが、「ツインタワー」と言って私が思い浮かべるのは、NBAのサンアントニオ・スパーズのロビンソンとダンカンでした。

このビルにはお客様が入居しているのでよく訪問していますが、ビルの外観が独特なので下から見るのが結構好きです。

最近建つビルには個性的なビルが増えてきているように思いますが、このようなビルには著作物性があるので、設計した建築士の方に著作権が帰属しているんだと思います。

そうすると、修繕したり改築したりするためには著作権の調整が色々必要なんだろうな、と知財に携わる身として考えたりもします。

ちなみに、量産できるような住宅になると、「組立て家屋」として意匠権でも保護することができます。
不動産であっても色々な角度から知財で保護することが可能なんです。

★お知らせ★
3月8日に、事務所見学会を開催することになりました。
特許業界に就職をお考えの方や、創英で働くことを検討されている方は、ぜひお越し下さい。
京都オフィスでも開催します。
http://www.soei.com/recruit/kengaku/

(Y.N.)

2017年2月6日月曜日

伏見区の企業訪問

今日は、京都市伏見区の企業から商標についてのお問い合わせを頂いたので、ご挨拶とお打合せを兼ねて商標担当のT弁理士と一緒にお伺いしてきました。

最寄駅は京阪線の丹波橋という駅で、この駅は近鉄線の駅(駅名:近鉄丹波橋)も併設されており、何かと便利です。



京都市の伏見区は、ものづくり企業が多く集まっている区でもあり、京都オフィスのその他のメンバーもよく訪れる場所です。

中書島駅当たりの綺麗な街並みや伏見稲荷などの観光資源もあり、なかなか多様性に富んだ場所だな、と感じます。

ただ、今日は朝イチからの訪問だったため、お昼を食べたり町をゆっくり見る時間は取れず、まっすぐにTさんと京都オフィスに戻りました。


(Y.N.)