2022年8月4日木曜日

米国特許実務

今週の前半は、創英のワシントンDCオフィスから、日本弁理士・米国パテントエージェントであるCさんが京都オフィスに滞在していました。

また、東京からもK副所長やS副所長、N弁理士も来て、京都オフィスが賑やかでした。


彼らが京都に来た理由は、関西のお客様向けに米国特許実務のお話をするためです。

写真は、ちょうど京都市内のお客様の所にN弁理士と京都オフィスのY弁理士が出発するところです。



お客様の所から帰ってきた後も、C弁理士とN弁理士は、何やら米国特許出願のオフィスアクション対応について、入念に打ち合わせをしていました。


他拠点に居る人たちと久しぶりに対面で会うことができ、非常に楽しい数日間でした。


(Y.N.)

2022年7月26日火曜日

祇園祭(&創英の1 day インターンシップのお知らせ)

先日の日曜日、先週の日曜日と、京都では二週続けて祇園祭の山鉾巡行が行われました。

京都オフィスの周りもすごい人出になりました。
特に、前祭の宵々山、宵山、そして巡行当日の賑わいはすごかったです。

下の写真は、前祭の宵々山の様子です。
18時から四条通が歩行者天国になり、皆さん、思い思いに散策されています。

京都オフィスに最も近い場所にも、橋弁慶山という山があります。
こちらは、後祭に建つ山です。
仕事終わりに立ち寄ってみました。
先祭の宵山と異なり屋台がでませんので、少し落ち着いた感じで風情があります。

今回の祇園祭の目玉の一つが、196年ぶりに復活した「鷹山」です。

この鷹山の近くに、京都オフィスのY弁理士が好きなカレー屋さんがあるので、お昼に京都オフィスメンバーで食べに行った後、見に行ってみました。
今年復活しただけあって、使っている木がどれも新しく、新築の建物みたいな感じでした。

7月の終わりまで、八坂神社を中心に祇園祭の行事は続くようです。



7月がもうすぐ終わり、8月になると・・・

創英の1Dayインターンシップも行われます。

ご興味がある理系の学生の方は、ぜひ、こちらをご覧下さい。

(Y.N.)

2022年7月14日木曜日

愛知県出張から戻ると、すっかり町が祇園祭の雰囲気に!

昨日は、京都オフィスのY弁理士と一緒に、愛知県豊田市のお客様を訪問しました。

今回は名鉄線を中心に数か所の駅を利用しましたが、駅名、地名など、三河地方独特なものがあり、「読み方難しいな~」などと言いながら(勉強しながら)移動しました。

その一つが、この駅(上挙母駅)です。(Y弁理士と交互に撮りました。)



創英の意匠チームには、この三河地方の出身者が二人います。本日早速、出張の報告もしました。

さて、出張を終えて夕方に京都に戻ると、四条烏丸界隈の山鉾はすっかり完成しており、出発した朝とは異なり、一気に祇園祭の雰囲気が盛り上がっていました。

函谷鉾(かんこぼこ)です。

霰天神山(あられてんじんやま)です。


明日が宵々山、明後日が宵山、そして日曜日が前祭の巡行です。
明日からは屋台も出て、オフィス周りも賑やかになりそうです。

(Y. N.) 






2022年6月30日木曜日

夏来たる!



写真は、JR京都線西大路駅のホームからの眺めです。

昨日、意匠の打ち合わせがあったために同駅を利用しました。
この駅自体は非常に小さい(しかも、西大路通の真上に駅があったり近くに西高瀬川があるせいか、構造が少々複雑)ですが、周辺に京都を代表するような企業が多くあり、我々もしょっちゅう利用する駅です。

とても暑いし日差しの強さがすごいな、と思っていたら、関西も梅雨明けしていたんですね。
お客様に言われて知りました。

いつもは祇園祭の前祭あたりまでは雨がよく降るのに、今年は異例の早さですね。

まだ体が慣れていないような気がしますので、熱中症などには十分に気を付けて過ごしたいものです。

☆お知らせ☆
以前もお知らせしましたが、理系の学生さん向けのインターンシップを開催します。
詳しくはこちら
特許の仕事に興味がある方は、ぜひご参加下さい。

(Y.N.)




2022年6月23日木曜日

インターンシップのお知らせ


創英のウェブサイトでもお知らせをしておりますが、学生の方に特許業務について体験して頂ける一日インターンシップを開催することになりました。

概要及びお申込先はこちら


創英の東京オフィスで開催しますので、関西にお住いの学生の方々が参加するのは難しいかも知れませんが、京都オフィスにお越し頂いて、オンラインで繋いで参加できるようなプログラムも準備しています


どんな職業でもそうですが、実際の職場に行ってみないと、なかなかその仕事の雰囲気は分からないと思います。

特許事務所の仕事なんて、特にそうですよね。「弁理士」という名前は、私は、小学校~高校を通じて聞いたこともありませんでしたし、弁理士試験の勉強を始めた時も、具体的な仕事のイメージはあまりできていませんでした。


今回のインターンシップは、創英にとっても新しい試みです。

「参加してタメになった!」と思って頂けるように色々試行錯誤・議論して準備をしていますので、特許事務所の仕事(今回は特に特許分野の仕事)はどういったものなのかご興味がありましたら、ぜひお申し込み下さい。

(Y.N.)


2022年6月20日月曜日

久しぶりの在外代理人来訪

先週、京都オフィスも非常にお世話になっている米国事務所のお二人が、京都オフィスを訪問して下さいました。

コロナ禍が始まって以降、京都オフィスで外国からのお客様をお迎えするのは初めてだと思います。

この感覚、とても久しぶり!という感じがしました。

我々の仕事において、在外代理人の方々と密にコミュニケーションが取れることというのは非常に大切です。コロナ禍中はずっとオンラインでそういったコミュニケーションを図っていたのですが、時間当たりのコミュニケーションの「密度」という観点からは、今は対面がオンラインよりも大いに勝っていると思います。

そういう訳で、今回のミーティングは非常に有意義だったなと感じました。訪問して下さったお二人や、ミーティングをアレンジしてくれたU弁理士に感謝します。


ミーティング後は昼食をご一緒しました。

最後に記念撮影しよう!ということになったのでお店の人に取って頂きました。来訪された米国弁護士のBさんのスマートフォンで撮影したので、後で送ってもらいました。そのメールでB米国弁護士曰く「ロックバンドのCDのジャケット写真みたいだね!」ということでした。(最後まで楽しい方々でした。)

(Y.N.)


2022年6月9日木曜日

展示会に参加するため東京に出張しました。

昨日は、京都オフィスのメンバー5人で、東京ビッグサイトで行われている展示会に行ってきました。

(会場では、創英の関東の拠点から来たH所長やS弁理士とも合流しました。)


お客様が出展されるという事で、そこに展示されている様々な機械(実機)を見せて頂くのが主な目的です。

大きな機械類などは、特許や意匠の原稿を作成する際に必ずしも実機を見れるとは限りません。映像や写真を見ながら機械の構成を理解するという事も多いです。

そのため、こういった実機を見ることができる(しかも色々な機種を見ることができる)機会は、非常に貴重です。

お客様の知財担当者様も来場されており、懇切丁寧に各機械についてご説明をして頂きました。

この展示会は、コロナ禍で昨年、一昨年は中止になっていたのですが、今年、久しぶりに大々的に開催されました。行ってみると、非常に大勢の人が来場していて活気に満ちていました。

(Y.N.)